桑沢デザイン研究所 2023年度学校案内書

“Kuwasawa Design School 2023 School Guidebook”

This year’s concept was to appeal to the reader’s physical senses and
make it enjoyable while including virtual features.

The specifications were done with this in mind: to let the reader get to know
Kuwasawa better and to experience part of the design.

The paper used for the magazine was chosen to be thinner than usual, so that the grid, which is the concept behind the design of the main text, would be easier to see.

 

オンラインでのコミュニケーションが増え
身体の感覚と別のところで共有や体験をすることが多くなってきています。
今回の学校案内はバーチャルな要素を含みつつ読者の身体に訴え、楽しめることをコンセプトにしました。
桑沢をより知ってもらうと共に、デザインの一部を体験してもらうこと、
それを念頭に置いた表現・仕様にしています。
パッケージは読者の手で引き出すことによりアニメーションが現れ、その要素を本誌にもちりばめています。
本誌の紙は本文デザインの考え方であるグリッドを視認しやすくするため、
少し裏写りする通常よりも薄いものをあえて選びました。

 

資料請求はこちらから

 

 

 

 

 

Publication:専門学校 桑沢デザイン研究所 進路支援課

Art Direction:渡辺和音(There There)

Design:渡辺和音・宮垣朱音・手塚朋子・中川凱晴(There There)

Edit:坂井基樹・田中真利(坂井編集企画事務所)/永峰美佳(永峰事務所)

Photo:清田千裕/小林由喜伸/烏頭尾拓磨

TRANSIT

In charge of art direction design from issue 52.

I am drawing several grids, which will become the base. With those grids as the base, I am designing the totality including the margins and the text.

The good qualities of TRANSIT up to now,and the new trends in the future.
I have combined these two ideas, newly created by our interpretation.

 

52号よりアートディレクション・デザインを担当。

基準になるグリッドをいくつかひき、
それをベースにマージン・本文など全体を設計。

今までのTRANSITの良さと新しい流れを混ぜ合わせThere Thereの解釈で組み立てました。

 

 

 

Art Direction:渡辺和音(There There)
Design:渡辺和音・宮垣朱音・手塚朋子・中川凱晴・本多美智子(There There)
Edit:euphoria FACTORY co., ltd.