HAIRMODE

Beauty magazine “Hair mode”
Theme “Think, human’s beauty” is about hair, make up and fashion, etc…
Turn to change in the three companies,
I’m in charge of Art direction in March, June, Sep, and Dec.
[Release the first day of each month.]
Change the format each time to emphasize the point of theme.
Produce a sense of transparency as a key word.

 

美容業界向け専門誌[ヘアモード]
「人間の、美しさを考える」をテーマにヘア・メイク・ファッションなど美容に関する内容をモードな切口で掲載。
3社で交代にまわし、3・6・9・12月号のアートディレクションを担当。[月刊・毎月1日発売]
号ごとにフォーマット変更し・ルールと縛りをもたせ特集の色が強く出るように、
一貫した流れをもたせている。また全体のトーンとして、透明感をキーワードに制作。

 

 

 

Art Direction:渡辺和音(ThereThere)

Design:渡辺和音(ThereThere)・児島 彩(althouse)
Edit: JOSEI MODE

 

構造デザインコンペ オフィシャルブック 2014-2018

This is the official book for the “Structural Design” competition.

The cover design is a design which checks whether or not the structure can actually be established and one that has a support.

 

「構造デザイン」コンペティションのオフィシャルブック。
表紙デザインは構造として実際に成立するか確認しつつ裏付けのあるデザインに。

 

 

 

Author:構造デザインコンペ企画運営委員会
Design: ThereThere
Edit:株式会社 総合資格 出版局
DTP:株式会社 総合資格 出版局、株式会社 明昌堂
写真:川瀬一絵

 

ミツカン未来ビジョン宣言|ミツカン

https://www.mizkanholdings.com/ja/vision.html

 

Differing from standard commercials, an innovative double-screen approach was employed.
Lower screen art direction and design.
The upper screen expresses Mizkan’s forward-looking message of “What is delicious?”
in bringing new products to the world.

Information on the lower screen supports the upper screen,

and conveys Mizkan’s history and other facts.
The two screens display in sync at times and independently at others,

keeping pace with Mizkan’s message of its past and future.The challenge of distilling a complex concept into a commercial targeting

a mass audience was an enjoyable process.

 

 

通常のCMと異なり、2画面での表現をするという新たな試みのコマーシャル。

下段画面のアートディレクション・デザインを担当。

上部画面では、ミツカンが研究し、これから世に出そうとしている
「美味しさとは」未来に向けてのメッセージを表現。

下画面の役割は上部画面・またミツカンの歴史など様々な情報を担う。

2つの画面は時にシンクロし時に独立し
歴史と未来、メッセージの本質をついていく。

一見難解なコンセプトをコマーシャルという

万人に向けたものに落とし込むという作業に挑戦でき楽しむことが出来た。

 

 

クリエイティブディレクター:松岡正剛/和泉佳奈子
プロデューサー:松本唯史/敷田鑑/浦崎一久
演出:後藤匠平
撮影:阿藤正一
照明:岩下和裕
美術:AKI
アートディレクター:渡辺和音

スタイリスト:高橋 毅
ヘアメイク:岩下倫之
音楽:井上鑑
キャスティング:菅野勝美
物体XCG:MARK inc
Bar CG:EDP graphic works
編集エディター:中村貴則
プロダクションマネージャー:堀田智恵/佐藤周

D’s PREMIER

Lifestyle magazine for doctors and dentists is about a wide range of genres,
including a management and hobbies.
I used Gothic, thought about how to show a blank to feel good.
We renewed the image from the so-called
doctor brochure using modern sense of cleanliness as a key word.

 

医師、歯科医師向けのライフスタイル・マガジン。経営から趣味まで、幅広いジャンルの内容を掲載。
ゴシックを軸にしつつ、余白の白をどう気持ちよく見せるか
「現代的」「清潔感」をキーワードにいわゆる医者冊子からのイメージを一新させた。

 

 

 

Art Direction & Design:渡辺和音(ThereThere)
Edit:ZERO PROJECT INC.

Ginza Map

In charge of the design of “Ginza Map”, a themed guide map by Ginza Sony Park that introduces people to a new place in Ginza with each issue.

Each issue is developed around a metallic color and folds to be pocket sized.

 

Ginza Sony Parkが毎回テーマに合わせた銀座のスポットを紹介した

ガイドマップ「Ginza Map」のデザインを担当。

ポケットサイズに折りたたむ仕様で毎号メタリックカラーをキーカラーに毎号展開。

 

 

 

Design:ThereThere

Edit:Itsoken Inc,  Naonori Kato(NEUTRAL COLORS)

Client:SONY

 

美容師のための防災BOOK

A book of disaster prevention for hairdressers.
The dust cover was purposefully made smaller and it was designed so that

the stripes of the cover would peak out from it.

 

美容師のための防災の本。
カバーはあえて寸足らずの寸法にし、表紙のストライプが覗くデザインに。

 

 

Design:ThereThere
Edit: JOSEI MODE

Illustration:unpis

job / job

Designed this set characters to look flat.
“Make margins and make use of space” “Movement of eyes do not get lost” as an axis.
Designed this simple and added some illustration to read easily
because there is too many information of job hunting.

 

就職活動に必要な情報量は多いため、
文字のジャンプ率を低く(文字の大きさを抑えフラットな印象に)設定しつつ
「余白を作り空間を活かすこと」・「目の動きが迷わないこと」を軸に設計。
デザインはシンプルに、イラストでポップに読みやすい仕上げに。

 

 

 

Design:渡辺和音
Edit:坂井編集企画事務所
Illust:オカタオカ(本扉・本文イラスト)・星野槙子(表紙)
Client:桑沢デザイン研究所

EAST MEETS WEST 2019公式プログラム

Designed the official program for “EAST MEETS WEST 2019”, a festival where jazz musicians from East and West will gather at the International Forum April 26th–28th, 2019.

The cover utilized varnish across monotone black, a design that minimally highlights textural differences.

 

2019年4月26-28日・国際フォーラムで行われる東西のジャズミュージシャンが集う

フェスティバル『EAST MEETS WEST 2019』の公式プログラムをデザイン。

表紙は、黒1色にニス引きを使用し、質感の違いをミニマルに表現。

 

 

 

Edit:Kotaro Okazawa

Design:ThereThere

Publisher:サンライズプロモーション

DOORS “キシダの発酵トラベル”「Hàkkou avec Kissnué」

http://urdoors.com/special/hakkouaveckissinue/?fbclid=IwAR1pnd_gXgzbYD74MuwwpPjorPMLQ5pZD_pEdJI62jVtKrkFKW4uS_Q8TVQ

 

A collaborative project between Shigeru Kishida and URBAN RESEARCH DOORS that travels along the theme of handmade goods and fermented foods.

Exhibited both on paper and online. In charge of primary design and paper media.

 

岸田繁とURBAN RESERCH DOORSによる共同企画

ものづくりと発酵食をテーマに旅をする。

紙とWEBの両媒体で展開。メインとなるデザインと紙媒体を担当。

食・民芸・発酵を感じれるよう強さと柔らかさを出したデザインにしている。

 

 

 

Design: ThereThere

Edit:Naonori Kato(NEUTRAL COLORS)

Illust:Kanako Shirao

Client: URBAN RESERCH

 

MAN ON THE FENCE by PAUL STUART

Designed the logo, catalog, DM, flyers, and exhibition spaces for “MAN ON THE FENCE”, an exhibition by PAUL STUART & 8 artists at the Mustard Hotel Shibuya.

Using 1 room per artist, created customized exhibition spaces for each artist.

 

渋谷マスタードホテルで開催された

MAN ON THE FENCE by PAUL STUART「ポール・スチュアート×8人のアーティスト」展の

ロゴ・カタログ・DM・フライヤー・展示空間サインなどデザイン。

作家1人1部屋を使い、作家毎に様変わりした空間の演出をしている。

 

MAN ON THE FFECE by PAUL STUART

「ポール・スチュアート×8人のアーティスト」展

会期:2019年3月23日(土)~3月24日(日)

参加アーティスト:

MR. SLOWBOY    Hiroshi Watatani

Koichiro Takagi      Ryuji Kamiyama

Yuichi Yamamoto     Aya Yasuda

Toshio Matsuura      Miki Onuma

 

 

 

Total direction / Curation:Hiroshi Ozawa(FUTURE INN)

Edit:Makoto Kajii

Art Direction / Design:ThereThere

Space Design:GOO FACTORY

Operation: BLOCK MAN

PR:PEACH Co,.Ltd

 

弘前創造通信

“Yoshino-cho brick warehouse” in Hirosaki City, Aomori Prefecture,
which was the exhibition site of “A to Z” handed down by Mr. Yoshitomo Nara.
In the spring of 2020 that it will be born into an arts and culture facility.
I am in charge of designing the announcement flyer. We plan to publish
5 times in total by the spring of 2020.
I want you to be interested widely from local young people to elderly people.
The design is not too much over the culture, soft things.

 

奈良美智さんが手がけた「A to Z」の展示会場となった青森県弘前市にある「吉野町煉瓦倉庫」。
2020年春に向けて、芸術文化施設に生まれるということで
その告知フライヤーのデザインを担当。2020年春までに計5回刊行予定。
地元の若年層からお年寄りまで幅広く興味をもってもらうよう
デザインはカルチャーよりになりすぎないこと、柔らかなものに。

 

 

 

Design:渡辺和音(ThereThere)
Edit:岡澤浩太郎

FRaU 2018年12月号

Art direction and design for the December 2018 issue of single-theme magazine “FRaU.” 

Entitled “Secrets of San’in,” this special issue is devoted to the San’in region of Japan.

To express the intriguing, mystical impression of the San’in region in a playful and modernistic way, the design centered around a handwritten style.

 

講談社が刊行するワンテーママガジン「FRaU」2018年12月号の
アートディレクション・デザインを担当。
「秘密の山陰へ」と題し、山陰地方の特集になっています。

山陰のもつどこか不思議で神秘的な印象を軽やかで現代的に表現するため
手書きを軸としたデザインとした。

 

 

Executive producer:Tatsuhiko Seki
Editor in chief:Maki Tsuga(euphoria FACTORY)
Art director:Kazunewatanabe(ThereThere)
Editor:Yuriko Kobayashi / Shiho Nakamuro / Ayana Yamaguchi / Kaori Ezawa
Designer:Sumire Kobayashi / Sayaka kojima(althouse)

豊岡市立図書館

Upon the renovation of the Toyooka City Library in Toyooka City, Hyogo Prefecture,

logos and signage were designed for new areas of the library. 

In the “Relaxation Room,” visitors can take a break and freely use the space to chat,

eat, or enjoy WiFi access.

In the “Relaxation Garden,” leisurely pass the time on the grass or on the wooden deck.

The logo of the “Relaxation Room” comprises symbols which denote the room’s various uses, making it easy to understand what kind of space it is at a glance. 

In the same way, the two logos of the “Relaxation Garden” were designed to coexist

for a space where visitors can enjoy both reading time and nature.

 

兵庫県豊岡市の豊岡市立図書館リニューアルにあたり

館内に新設した新しい試みのスペースのロゴ・サインをデザイン。

おしゃべりや飲食が可能・Wifiが利用でき、休憩したい時など

自由に利用できる「いこいの間」

芝生やウッドデッキでゆったりとした時間を過ごせる「いこいの庭」

「いこいの間」の多目的な用途に合わせ

用途毎にアイコン化し組み合わせることで、どんなスペースなのかということが

一目でわかるようなロゴに。

また同じように「いこいの庭」は本とともに自然を感じるものにし、

二つのロゴが共存できるようなデザインにした。

 

 

Produce・Edit:BACH
space design:E&Y
Logo Sign Design:ThereThere

PORTUGAL TRAVEL GUIDE

Using color vividly, we chose a design with which you can feel the atmosphere of

the streets Portugal.

The front cover was made abstract in order to convey the atmosphere of the town, expressing it simply with color, as not to give too much away.

The insides have also been made with a design theme

that is consistent to that of the front cover.

TRANSIT 40 booklet.

 

ポルトガルのトラベルガイドブック。

鮮やかに色を使い、ポルトガルの街並み・空気感を感じらえるようなデザインにした。

表紙は、街の雰囲気が伝わるよう抽象化し説明しすぎないようシンプルに色で表現。

中面も、表紙から一貫したデザインテーマで作成している。

TRANSIT40号小冊子。

 

 

 

 

Design:渡辺和音(ThereThere)
Edit:euphoria Factory
Illust:やまぐちかおり

SHACHU 秘伝のヘアレシピ

Fast-growing Salon “SHACHU” in the Instagram.
This is the first salon book for “SHACHU”.
It’s about design color of high tone technology and management.
This book has 8-page gate and isn’t bound by design.
I applied UV silk printing to stand out logo “SHACHU”.
Designed crudeness book for irrespective of age or sex.

 

Instagramで急成長した話題のサロン SHACHU。
ハイトーンのデザインカラーを中心にデザイン・技術・マネジメントを1冊にしたSHACHU初のサロン本。
装丁はカバーをあえて作らず、表紙の両観音開きにし、SHACHUのロゴが引き立つようUVシルク印刷を施した。
デザインは無骨に男っぽくする事で、年齢・性別を問わないような仕上がりに。

 

 

 

Design:渡辺和音(ThereThere)
Edit: JOSEI MODE

MALET.

Manga set as the stage for the hero of a magazine editor “A man who meets a boy
who wants to become Tamio Okuda is girl who goes crazy” [Chokkaku Shibuya]
Along with filming live-action films (director Hitoshi Ohne / director) A magazine
that realized the imaginary lifestyle magazine “MALET. (Male)” that appears in the works.

 

雑誌編集者の主人公が舞台となった漫画
「奥田民生になりたいボーイと 出会う男すべて狂わせるガール」[渋谷直角]
の実写映画化(大根 仁/監督)とともに、
作中に登場する架空のライフスタイルマガジン「MALET.(マレ)」を実現させた雑誌。

 

 

 

Editor in Chief:妻夫木 聡
Editor:横山直美(cat co.,ltd)
Art Directior:渡辺和音(ThereThere)
Designer:渡辺和音・三觜翔(ThereThere)
Client:マガジンハウス

TINY GARDEN FESTIVAL SPECIAL BOOK

Gunma prefecture, MUJI product campagna Tsumagoi campground was held
Festival hosted by Urban Research Doors. A mini book issued to surround a fire

with a campfire and get touched by nature and music.
All text is printed in two colors. A day with a fire, a story till the sunset from the morning.
The first half uses green ink, the second half gradually changes the amount of red ink used, more expressing the time axis.

 

群馬県、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場で行われた
アーバンリサーチドアーズが開催するフェスティバル。
キャンプファイヤーで火を囲み、自然と音楽に触れてもらうため発行されたミニブック。
本文は全て2色印刷。火のある1日、朝から日が沈むまでの物語。
前半は緑インキ・後半は赤インキの使用分量を徐々に変え、時間軸をより意識させた。

 

 

 

Writer:若菜晃子
Illustration:平澤まりこ
Edit:加藤直徳
Design:ThereThere

TRANSIT

Magazine “Transit” that focuses on different cultures of different countries
and features each issue. 
I am participating as AD from SOUP DESIGN time (No. 29).
ThereThere is an art director as No.36. I am responsible for planning
and designing several pages in No.37 and No.38.

 

毎号違う国の文化にフォーカスさせ特集する雑誌「トランジット」
SOUP DESIGN時(29号)よりADとして参加させていただいており、
36号はThereThereがADとして担当。37号・38号は数ページの企画デザインを担当。

 

 

 

36号
Art Direction:尾原史和(SOUP DESIGN)・渡辺和音(ThereThere)
Design:渡辺和音・三觜翔(ThereThere)

Edit:euphoria Factory

 

37・38号
Art Direction:尾原史和(SOUP DESIGN)
Design:SOUP DESIGN・渡辺和音(ThereThere)

Edit:euphoria Factory

Life log note

Notes to think about life design from the 40’s. Two types of hard cover and soft cover.
To the book which I want you to keep the hard cover carefully created by hand binding.
I examined the elements and made it as simple as possible.
The text is designed as how to clearly show the lines used as partitions,
with the horizontal line crossing from the left to the right as the axis.

 

40代からの人生設計を考えるためのノート。ハードカバーとソフトカバーの2種類。
ハードカバーは全て手製本で丁寧に作成してもらい残しておきたいと思う本に。
要素を精査し、できる限りシンプルなデザインにした。
本文は区切りとして使用される線をいかに綺麗にみせるか、左から右にまたぐ横線を軸に設計。

 

 

 

Design:渡辺和音(ThereThere)
edit:ながおかあや
client:MARK’s Inc.

asics walking

Brand specialized in walking in asics.
2017 autumn & winter · 2018 Design of spring & summer.
Produced from catalog to image visual · POP.
Not only shoes, let the whole body conscious, present lifestyle.

 

asicsの中でウォーキングに特化したブランド。
2017 autumn & winter・2018 spring & summerのデザイン担当。
カタログからイメージビジュアル・POPまで制作。
靴のみならず、全身を意識させ、ライフスタイルを提示。

 

 

 

Creative Direction:小沢宏(Future inn)
Design:渡辺和音(ThereThere)

城崎文芸館 湊かなえ展

Kinosaki, a spa town located in Toyooka City, Hyogo Prefecture.
The second exhibition after renewal in Kinosaki literary museum.
Kanae Minato and Kinosaki Onsen exhibition Poster / flyer / exhibition design.
It is not a surprising image like Kanae Minato ‘s binding,
I am designing the design so that the relationship between

Kinosaki known as a crab and Minato will come out.

 

兵庫県豊岡市にある温泉街、城崎。
城崎文芸館はリニューアルしてから2回目の企画展。
湊かなえさんと城崎温泉展のポスター・フライヤー・展示までデザイン。

今までの湊かなえさんの装丁のようなイヤミス感のイメージではなく、
蟹で知られる城崎と湊さんの関係がでるようデザインを落とし込んでいます。

 

 

 

Produce・Edit:幅 允孝(BACH)
Edit:永井美子
Design:渡辺和音(ThereThere)
Installation: 佐藤文彦・塚本裕文(Rhizomatiks)

the GREENPAPER SPRING&SUMMER 2017

UNITED ARROWS “green label relaxing” 2017SS catalog.
※Free distribution at the store within the period.
The cover is designed to make the connection from the front to the back.

 

UNITED ARROWS「green label relaxing」 2017SSカタログ。
※ 期間内に店頭にて無料配布。
表紙は、表面・裏面繋がりを感じさせるデザインに。

 

 

 

Design:ThereThere
Edit:Rhino inc.