Category Archives: WORK

OPEN × Rene Herse U.P.P.E.R.

Graphics for the frame of a collaboration between Rene Herse Cycles,
a traditional bike brand, and OPEN CYCLE, an up-and-coming bike brand.
The finished gravel bike is an “all-road bike” that is capable of riding on paved roads
and rugged mountain trails regardless of the environment.
We aimed to reinterpret the classic and elegant impression of Rene Herse and OPEN’s carbon frame,
which is both robust and supple and adaptable, to create a fresh look and feel.

 

トラディショナルなバイク・ブランドである、Rene Herse Cyclesと、
気鋭のバイク・ブランド、OPEN CYCLEのコラボレーションバイクのフレームへの
グラフィックデザインを行いました。
完成したグラベルバイクは、舗装された道路から険しい山道など、
環境に左右されない走破能力を有している、“オールロードバイク”です。
堅牢かつしなやかな、順応性が高いOPENのカーボンフレームへ、
Rene Herseのクラシックで上品な印象を現代的に再解釈し、
新しい風を感じられるようなデザインを目指しました。

 

購入希望の方は下記サイトよりお問い合わせください。

https://www.renehersecycles.com/shop/bikes/open-rene-herse-upper-frameset/

 

 

 

 

2022年度秋季企画展「翻訳が拓く世界:Contemporary Japanese Literature Repackaged for the Anglosphere and Beyond」

“Contemporary Japanese Literature Repackaged for the Anglosphere and Beyond”

The same novel has been interpreted in diverse ways by different translators and cultures.
The visuals for this exhibition are designed to look as if the English text is printed on top of the Japanese title.
The Japanese text is repackaged, evoking the “translation” theme of this exhibition.

 

早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)で開催中の
展覧会のメインビジュアル・展示のグラフィックを担当。

翻訳家・文化によって同じ小説でも多様な表現している本企画。

和文タイトルの上からさらに英文を重ねて刷られたようなデザインにすることで
日本語をリパッケージ、本展のテーマである「翻訳」を想起させている。

 

会期:2022年10月1日(土)〜2023年3月26日(日)

 

展示サイトリンク:
https://www.waseda.jp/culture/wihl/other/3105