Category Archives: WORK

早稲田大学 国際文学館(村上春樹ライブラリー)

The Waseda International House of Literature (The Haruki Murakami Library)

The Waseda International House of Literature opened at Waseda University this month.
In addition to his literature, various books and documents are stored,
and there is also an audio space, a cafe and gallery.
We were in charge of art direction and design for visuals mainly around the bookshelves
in the library, special website, special exhibition, and goods (released later).


2021年10
1日にオープンした早稲田大学 国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)
本棚周りを中心としたビジュアル、特設サイトや企画展、
グッズ(後日リリース予定)のアートディレクション・デザインを担当。
村上氏が母校である早稲田大学に資料の寄託・寄贈したことがきっかけとなり設立に至り、
建築家・隈研吾氏が館内のリノベーションを手掛けている。
大階段本棚では、サインに加えパラレルワールドのような2つの世界で存在する人形を制作。
村上文学の特徴のひとつといえる現実と非現実があいまいに混在する世界を表現した。
特設サイトでは大階段本棚と人形をグラフィックに落とし込み展開、
本を読む人々は自由に動き回り、実際の国際文学間同様の「文学の場」を表現している。

 

国際文学館アネックス 公式WEBサイト
https://www.waseda.jp/inst/wihl-annex/

 

 

 

 

[企画展]建築のなかの文学、文学のなかの建築

“Literature in Architecture, Architecture in Literature”
This exhibition is now being held at the Waseda International House of Literature
(The Haruki Murakami Library).

We were in charge of the key visual and graphics of the exhibition.

The exterior “arch” is “architecture”, and the “paper” is “literature”,
which is a graphic that evokes the two words that is the theme of this exhibition.

 

早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)で開催中の
企画展のメインビジュアル・展示のグラフィックを担当。

建築家・隈研吾氏によるリノベーションを経て、国際文学館として大きく様変わりした旧4号館。
その過程にみられる、数々の製作者たちの作業の痕/存在を観ることができる展示。

象徴的な外観の木のアーチに着目し、紙を束ねたものを湾曲させ、グラフィックに落とし込んで展開。
外観の「アーチ」は「建築」に、紙を束ねた「本」は「文学」へと、
今回のテーマである2つの言葉を想起させるグラフィックに。

 

会期:2021年101日(金)~2022年24日(金)

 

展示サイトリンク:
https://www.waseda.jp/culture/wihl/news/415