早稲田大学国際文学館(WIHL)/柳井イニシアティブ 読書研究会

We were in charge of the main graphic for reading events organized by Waseda International House of Literature (WIHL) and Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities.

The purpose is to pick up a book each time and discuss it with researchers and participants.
We interpreted the theme of each event and translated it into typography.

 

早稲田大学国際文学館(WIHL)と柳井イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト主催の読書研究会のメイングラフィックを担当。

毎回1冊の本を取り上げ、各研究者と参加者で議論することを目的とした研究会。
それぞれのテーマを解釈し、タイポグラフィで表現。

 

Art Direction / Design:渡辺和音(There There)

client:柳井イニシアティブ

花と器の素敵な合わせ方

“Flowers and Vessels” written by flower scene producer, Noriko Ogawa.
We aimed to design that evokes both “flowers” and “living”.
This book is for the person who has recently begun to decorate their home
with flowers or would like to try it.

 

フラワーシーンプロデューサー 小川典子さんの書籍「花と器の素敵な合わせ方」デザインを担当。

“花”と“暮らし”を感じさせる佇まいを目指した。
最近花を飾り始めた方や、花をお家に飾ってみたい方向けの一冊。

 

 

 

Author:小川典子(フラワーシーンプロデューサー/一般社団法人花の国日本協議会
Photographer:三浦希衣子
Design:渡辺和音・手塚朋子(There There)
Editor:橋口恭子(株式会社カモミール)
Publication:株式会社 誠文堂新光社